mcp and 88 blog

ブログトップ

暑中お見舞い申し上げます

みなさまへ。

本当に暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
熱風の中洲川端、反してリバレインの地下は相変わらずの冷蔵地獄でございます。

わたしの早朝の大濠公園サイクリングも だいぶ定番化してきましたが、朝ごはんがめちゃめちゃおいしく食べられるためダイエットのほうは停滞ぎみです。

さて、地下画廊ギャラリーアートリエでは好評開催していた藤本英明展<残熱行>が今度の日曜、27日で最終日を迎えます。新聞その他多くのメディアに取り上げられ、たくさんのかたに観ていただくことができました。ありがとうございます。
最終日は、各地でアートイベントが盛りだくさんとなっています、まだごらんになっていないかたはぜひ他のイベントの前後にお立ち寄りください。
http://gaartlier.exblog.jp/

終了翌日28日月曜は、新スペース「アート・ベース88」で藤本さんのトークを行います。打ち上げ的ニュアンスも強い会ですが、福岡で初個展を終えた藤本さんに、福岡のアート状況への感想や意見を聞いてみたいと思っています。カンパ制です、よろしくお願いします。
http://ohazkikaku.blogspot.com/

この「アート・ベース88」(大名、第1松村ビル「紺屋2023」#306)では8月1日の西日本大濠花火大会の日にオープニングイベント「アート・バザール88~コンヤはコンヤにコンヤ?」も予定しています。18時くらいからだらだらーとバザールと宴を行っております。お気軽にどうぞお越しください。
「紺屋2023」全体のグランドオープンは来春ですが、それまでに断続的に企画をおこなってまいります。

地下画廊、藤本展のつぎは、根強いファンが多い実力派「牛島智子」さんの個展です。<旅する青二才>と題して、会場全体を使うインスタレーションを展開してくれる予定です。初日にトークはありませんがパーティをおこないます。
会期中は帽子を作るワークショップを23日土曜に予定しています。

地下画廊(ギャラリーアートリエ)、冷泉荘(アート・アパート88)、そして「アート・ベース88」などを駆使して秋から冬にはいろいろ企みをします。現在モロモロ打ち合わせしているところです。来年の目論見もいろいろ仕込み中です。このあたり、また、お知らせします。ご期待ください。

8月は個人的には祖父の初盆もありますし、なにかとばたばたですが、こんな風で何とかやっております。またお会いできることを楽しみに。

みなさまも、暑さに負けないよう、どうぞご自愛ください。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2008-07-23 11:17 | 紺屋2023への道