mcp and 88 blog

ブログトップ

カテゴリ:紺屋2023への道( 99 )

まちとアートプロジェクト:おすすめ本 for BOOKOKA

オハツ企画ブログから転載

============================

「福岡を本の街に」というテーマで毎年開催されているブックオカ。
http://www.bookuoka.com/
*2009年は10/18-11/17予定

今年の企画は、konya-galleryも絡むとかで、うちのお部屋(ART BASE 88)も何か出品するつもりです。
それだけではなくて、新刊本を会期中に実際にそこで販売することができるとか。
そのための推薦本リストを先週つくりました

twitterのフォローさんたちにも相談しました。
後半は そのリストになっています。
inuseeさん aoi_tsukiさん、ありがとうございました。

============

宮本初音 推薦 2009.8.26ver
まちとアートプロジェクトをテーマに:
へこたれそうなときの心の支えになる本

1
「ゲーテとの対話」上/中/下
当時の施政者と藝術をめぐる攻防は現在の役人と現場とまったく変わりない部分あり。新人の台頭におびえるゲーテ像も
エッカーマン (著), 山下 肇 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/ゲーテとの対話-上-岩波文庫-赤-409-1/dp/400324091X/

2
「タルコフスキー日記 - 殉教録」※2も
めっちゃ落ち込む監督の言葉が、アートプロデュースなどしている人間の臓腑をえぐります。ほぼ救いなし
アンドレイ タルコフスキー (著), 鴻 英良 (翻訳), 佐々 洋子 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/タルコフスキー日記―殉教録-アンドレイ-タルコフスキー/dp/4873760437/

3
夏目漱石「漱石文明論集」
http://www.amazon.co.jp/漱石文明論集-岩波文庫-夏目-漱石/dp/4003111109/
講演記録をもとにした漱石の文明論、文芸論、芸術論が集まった宝のような一冊。有名な「現代日本の開化」「私の個人主義」のほか、おすすめは「中身と形式」「文芸と道徳」「教育と文芸」などなど。当時の画描きを痛烈に批判する箇所は今もじゅうぶん通じる。


4
岡本太郎 「今日の芸術」
芸術家の基本姿勢
http://www.amazon.co.jp/%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%81%AE%E8%8A%B8%E8%A1%93%E2%80%95%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%82%92%E5%89%B5%E9%80%A0%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%AF%E8%AA%B0%E3%81%8B-%E5%85%89%E6%96%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%B2%A1%E6%9C%AC-%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/4334727891

5
司馬遼太郎「街道をゆく」シリーズ
プロジェクトをやる土地の歴史を、教科書的ではない視点で伝えてくれる。
地元が出てくるのはこちら
http://www.amazon.co.jp/街道をゆく-11-肥前の諸街道-朝日文庫-遼太郎/dp/4022644567/
沖縄のは読み応えあり
http://www.amazon.co.jp/街道をゆく-沖縄・先島への道-朝日文庫-司馬-遼太郎/dp/4022644451/


6【古書】
能古島から (1977年) [古書]
高田 茂広 (著)
学校でならわない福岡の歴史。能古島が何を見てきたかを通して、土地の歴史や文化の何が後世に残り、何が隠蔽されてゆくのか想いをめぐらす。
http://www.amazon.co.jp/能古島から-1977年-高田-茂広/dp/B000J8D4UQ/




<twitterで募集>
「まちとアートプロジェクト」というテーマでのオススメ本

# inusee
1
アーツ・マネジメント概論 三訂版 (文化とまちづくり叢書)
http://3.ly/Qew

2
『アート戦略都市 EU・日本のクリエイティブシティ』吉本光宏:著
ニッセイ基礎研究所の吉本先生の本。読みやすかったです。
http://3.ly/QR8

3
『忘れられた日本人 (岩波文庫)』宮本常一:著
日本を代表する民族学者の著書です。日本の風土における風習、生活習慣などを記した名著。直接文化行政に関わりはありませんが。。。
http://3.ly/EwK

4
アーレントの『人間の条件』も入れたい。いつも中川先生が講演なさる時に引用される。。。
http://www.amazon.co.jp/人間の条件-ちくま学芸文庫-ハンナ-アレント/dp/4480081569/

# aoi_tsuki
1
「きむらとしろうじんじん」
※書籍検索で不詳
→人物検索は「あのひとSPYSEE」のコチラで
http://spysee.jp/%E3%81%8D%E3%82%80%E3%82%89%E3%81%A8%E3%81%97%E3%82%8D%E3%81%86%E3%81%98%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%93

2
ペーター ヒューブナー (著), 木下 勇 (翻訳)の「こどもたちが学校をつくる ドイツ発・未来の学校」を。子どもの参画における大人と共通言語としてのアート。
http://tinyurl.com/kvlgsv
[PR]
by mcp_fukuoka | 2009-09-02 16:00 | 紺屋2023への道

福岡コンテンポラリーアートマップ2009出来ました!

ART MANIA FUKUOKAから転載
http://artmaniafukuoka.blogspot.com/2009/09/2009.html
======
アートラッシュ セプテンバーが やってきました!







そして、お待ちかね、「福岡コンテンポラリーアートマップ2009」が
ついに 納品されました!!!!

和英
コンテンポラリー系に絞った情報
が 特徴です


福岡市内の主要アートスポットほか
各所で配布予定です。
*紺屋2023の 201 konya-galleryと 306 ART BASE 88で配布開始しています

なお、支援金は9月いっぱい 受け付けております
マップ紙面へお名前は掲載できませんが どうぞご贔屓に。


※お問い合わせ等は
Fukuoka Art Tipsへ
*メール artmaniafukuoka[at]gmail.com
[at]を半角@にして送信してください。

*住所 ART BASE 88気付け
福岡市中央区大名1-14-28 第1松村ビル
紺屋2023 #306
電話fax 092-986-4888
==========

転載はここまで

2005年にもアジトリに合わせてマップを作りました。
「シティ情報ふくおか」がこの期間、半年くらいですか、休刊していて、特集も出ないし、困ったなーということで、有志で作成。
あのときは、有志みな完全自腹で厳しかったですね

そして07年には「福岡アートフェアシミュレーションα(fafa)」に合わせて、やはり作りました。このときは、実際は福岡市文化芸術振興財団が編集発行し、MCPとしてお手伝いするというような流れでした。

ことし、財団はパブリックアートのマップを発行しています。
そして「シティ情報ふくおか」はあるものの、コンテンポラリーアート情報は激減。
ここのところ気を吐いていた、「みるび」さんもマップ発行がストップしたという噂で、、、、

今回は「定額給付金支援」ということでお願いしましたら
あたたかい反響をいただき、ぶじ印刷費を払うことができました。
感激です。

昨日本日と支援者の皆様や掲載先や関係者などへ一斉発送しています

どうぞよろしくお願いします
[PR]
by mcp_fukuoka | 2009-09-01 15:26 | 紺屋2023への道

うわさの「ueki福岡・」は9/18-27@konya-gallery & ART BASE 88

こちらから転載
http://ohazkikaku.blogspot.com/2009/08/ueki918-27.html




konya-galleryとART BASE 88にて9月に開催される「ueki福岡・」情報が届きました。
沖縄のアーティスト石垣克子さんを中心に企画されてるシリーズというかプロジェクトというか、不思議な雰囲気のグループ展です。



======================

ウエキ福岡・ウエキフクオカテン
日常のさりげない緑・ウエキトリエンナーレ2009

 ueki ・は2008年第一回・を 沖縄で開催しました。日常のさりげない緑「植木」にスポットをあて、写真、絵画、オブジェや陶器など自由な発想で日常のなかのアートの在処をさぐります。
 ウエキ・の「・」は「展」と「店」を兼ねており、またウエキトリエンナーレ2009という副題は、ウエキ・が、旅を経て 3年後に福岡にふたたび戻ってくる事を願っています。
ーウエキ・テン長 石垣克子ー

■参加アーティスト
石垣 克子、瀬戸口 朗子、福長 香織、福本 歩(50音順)

■会期 
2009年9月18日(金)〜9月27日(日)(会期中無休)
時間 11:00〜20:00
場所 konya-gallery、ART BASE 88(2会場は、同建物内です)
〒810-0041 福岡市中央区大名1−14−28
  第一松村ビル 201+202(konya-gallery)・306(ART BASE 88)
  連絡先 TEL/FAX 092-984-6292
http://konya2023.travelers-project.info/konya2023/
http://ohazkikaku.blogspot.com/

■オープニングイベント
9月18日(金)12:00~14:00
会場 konya-gallery
ワークショップ&オープニング・ランチパーティー
12:00~13:00 「ウエキ缶」をつくるワークショップ(当日参加)
        お好きな缶詰を(中身あり)一つお持ちください。
        缶詰をトレードして、ウエキ缶をつくります。
        缶詰の中身はワークショップ終了後 ランチといっしょに頂きます。
13:00~14:00 オープニング・ランチパーティーとアーティスト・トーク。
会費 500円

======================
以上は8/28時点での情報です
変更あるときは明記します
[PR]
by mcp_fukuoka | 2009-08-29 09:03 | 紺屋2023への道

月曜日が来ました。

紺屋のサマースクール、終わりました。
授業しただけなのに、なんだか、思ったより消耗しています。
たはーっっはっはっは
でも熱心な生徒さんばかりですごかった

うちの部屋のゲスト講師も面白かったです
武内貴子さん、林暁甫さん、鈴木順子さん、ありがとうございます。
毎日、大名・今泉・薬院などでランチしたのも楽しかったな〜

てなことで、マップも校了、
そして残るのは 4日〆切を過ぎちゃった原稿です、
がんばります

うはあ
[PR]
by mcp_fukuoka | 2009-08-24 10:20 | 紺屋2023への道

明日から紺屋はサマースクール(講師のほうが一夜漬け)

なんだかアッという間に8月も終わりに近づいていて、あんなに先に思えていたサマースクールが遂に明日から。
しかも私の講座は朝の9時スタートですよ、まったく、アート業界にあるまじき早朝。

紺屋2023の全室の主および関係者が講師となる、サマースクール。
*紺屋サマースクールの公式インフォメーション
http://travelers-project.info/konya2023/directors/cat657/

全国から生徒さんが集まってきています。
きょうから福岡入りしてる人もいます。

対象年齢制限があり、20代前半、若い。
MCPが始まったのは1990年、そのころまだ赤ちゃんかお子様だった世代ですね、、、
いや〜 隔世の感が。

わたしが生まれたのは英雄たちの大集会(九州派)の前の月ですからね。
つまり、私にとっての九州派、くらい
いまの20代にとってのMCPは世代が違うってことなんですわね。

で、ぶつくさ言わずに準備をしなくては、と焦り
でも先に掃除しないと前に進めない、わたくしの講義は:

講義日時/21日1限目・22日1限目・23日2限目
講義タイトル/
「まちとアートプロジェクトー福岡の街でおこなわれたアートプロジェクト」 
「まちとアートプロジェクトー別府の現代芸術フェスティバル2009「混浴温泉世界」を振り返る」 
「まちとアートプロジェクトー福岡の街の特性とアートプロジェクトの未来像」


スケジュールは こんな風:
朝礼 8:30〜
1限目 9:00〜10:20
2限目 10:30〜11:50
3限目 12:00〜13:20
昼休・フィールドワーク 13:30〜


さ〜て がんばりますか。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2009-08-20 16:49 | 紺屋2023への道

紺屋2023屋上から花火

紺屋2023の屋上、konya-skyから見る西日本大濠花火大会。
なんとか見えました



firework
Originally uploaded by ohaz88

konya-sky



こちらはpicasaアルバム
hanabi
[PR]
by mcp_fukuoka | 2009-08-02 19:25 | 紺屋2023への道

konyaの週末は2週続けて夏祭りモード

紺屋は夏モード。
大濠花火大会の8/1は屋上でビアガーデン(主催は紺屋事務局)。
翌週8/8は あちこちアートイベントも真っ盛りですが ART BASE 88で、アートフリートーク宴を開催します

秋のアートシーズン前の情報交換の場として、オデカケの前後にお立ち寄りください。

8/1は「コンヤはコンヤにコンヤ〜8/1屋上ビアガーデンでプチフリマ」
http://ohazkikaku.blogspot.com/2009/07/81.html

8/8は 88で「88ヤンキーナイト・納涼アートトーク」
http://ohazkikaku.blogspot.com/2009/07/88-8888.html

この宴での余興用に、現在、占い再特訓中
a0000344_11481519.jpg

[PR]
by mcp_fukuoka | 2009-07-31 11:48 | 紺屋2023への道

AB88オープン日時とプチ古本屋さん


ART BASE 88のオープン日時めやす(8月お盆前まで)
べっぷとの行き来も一段落しましたので、いちおう拠点となるAB88に基本居ます。

とはいえ出張などありますので毎日必ず開いてるわけじゃないです

だいたい午後2時から7時くらいまで居るようなカンジです
午前中から居るときももちろんあり。

土日はイベントごとが多くて出ていそう。
金も出張多い。
水はバイトです。
月火木 ってカンジですかね。

お盆あけたら少しペースを変更する予定です

電話もついたので電話で確認してもらえるとよいかも。
お手数かけますが よろしくお願いします

それから
AB88の廊下でプチ古本屋さんを始めました。
AB88が オープンしてるときだけですが、中に入らずに本を眺めて選ぶことができるようにしています。
ときどき品を入れ替えます

基本1冊100円、2冊で150円

こちらも あわせてよろしくです^^
[PR]
by mcp_fukuoka | 2009-07-07 18:37 | 紺屋2023への道

Viva Curry-Bu

(オハツ企画ブログと同報)

昨夜のコンヨクナイト ご来場くださったみなさま協力してくださったみなさま ありがとうございました!

福岡基地カレー部が大活躍でした!
BEPPU組の皆さんに ぶじカレーをご提供できました〜
カレー部のみなさん、ありがとうございました

フリートークでは
芹沢ディレクター、山出プロデューサーも参加して
ポストコンヨクについての 動向もチラと発表されました。

また
skype(ビデオ通話)で東京の関ひろこオフィスと繋いで
在京のメンバーたちと ワイワイお話できました。

別府最適音頭は ちょっと揃いにくかったですが
山中カメラさんから 振り付けDVDを送ってもらいましたので
これまたウケまくっていました!


これからは また新しいプロジェクトになりますね
福岡基地は これからも応援しつづけますし
BEPPUと 協力した企画も ドンドンヤラカシたいですね

そう、ART BASE 88は、すでに福岡市BEPPU区・・・
※別府と書くと福岡市城南区の別府(べふ)と間違いやすいので、ローマ字表記
[PR]
by mcp_fukuoka | 2009-07-06 19:06 | 紺屋2023への道

今日はバザール88+コンヨクナイト@AB88

本日7/5、バザール88とコンヨクナイトです
14時から バザール88
18時から コンヨクナイト です

どなたさまも ごゆるりと〜

kasaのソーセージ、美味しいです!(今週3回も食べてしまった)
a0000344_9124540.jpg

[PR]
by mcp_fukuoka | 2009-07-05 09:13 | 紺屋2023への道