mcp and 88 blog

ブログトップ

<   2005年 03月 ( 55 )   > この月の画像一覧

きっずばあ>大名とほ40びょう

a0000344_21213981.jpgわーい、キッズバーは健在でっす。
お引っ越しはやむをえませんらしいですが。

もとの店から、徒歩40びょう。
中村歯科さんのビル地下1Fです。

ビールが
やっぱ
うま。

もうすこし、
4月のいつかになれば
もとの
うらに
あたらしいとこが出来るげな
です。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-03-31 21:21 | earthquake_since0320

展示替え@ギャラリーアートリエ

a0000344_16472767.jpgいっぽうこちら、
ぎんなんから荷物を運びこんだ、ギャートリエでは、
年度替り、年間テーマ替わりにて
会場構成も変更中です。

いままで展示替え期間はクローズしていましたが
こんな風に部分的にオープンにして
チラシ配布(画面左手)と
書籍等の閲覧(画面右手奥)などの機能を
常時稼動するようにしていこうと思っています。
まだ試験運転的な感じですね。

手前にテーブルも置いてみました。
会期以外の時でも気軽に覗いていただけるように
ほかにもいろいろ工夫したいと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-03-31 16:47 | the gallery artlier

からぎんなん

a0000344_16312277.jpgゴミ出しも完了。

2000年11月、MCF2000が終わって、
旧御供所小学校からオフィス一式を移してから
4年半。

401→403→404と部屋番号が移ったりもしましたが
とりあえず、ぎんなんビルとはこれにておさらば。

お世話になりました。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-03-31 16:31 | m_s diary

スッポンのお雑炊

a0000344_9255354.jpg某接待で頂戴した、
某割烹の
「すっぽんスープ雑炊」です。

見た目は普通の雑炊ですが
さすがスープがまったりふんわか。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-03-31 09:25 | food

83年当時のことをば、少し、、、。>くがいさんよりご投稿

※奈良の展覧会の件などでご登場している くがいさんから
83年頃のお話が届きましたので、転載します。
のちほど、ちょっと私の視点からの追加を書きます。

83年当時のことをば、少し、、、。

Miyamotoさんは、当時大学生で、83年5月のFMF主催パーソナルフォーカスが最初の出会いだったと記憶しています。ぼくが、「映像チンドン屋」をやったら、なんか黒づくめの子が、うしろにくっついてきたような、、、。多分それがMiyamotoさんだったのでしょう。

その後、6月ごろ、「ぼくたちは???でアートする」(???に入るキャッチを忘れてしまった)ツアーがありました。Wこー君とDぶちとMiyamotoさんたちがフェリーで、神戸にきました。このときも黒づくめでしたね。ぼくのMiyamotoさんのイメージは、黒なんですわ。

ぼくはといえば、その春に卒業して、就職し、奈良の天理に住んでおりました。だから、ぼくはフェリーには乗っていません。六甲のO田さん宅にみなで泊めてもらい、翌日の土曜日に、阪急王子公園駅(当時は確か六甲駅と言った)近くの神戸青少年センターでイベントを行いました。

主催は、シネヴォワイヤンです。シネヴォワイヤンは、前述、O田さんと、K池さんが2人でしていた、自主映画上映グループです。K池さんは、今でもがんばっています。イベントの最後のライブというのか、セッションというのか、訳のわからんの(ぼくは、もち映像チンドン屋)に、ぼくの京都の友人のK村が乱入して、ピアノを弾き始めよりました。そのまま、一行に居ついて次の日の京都のイベントも出よった。

その翌日曜日は、銀閣寺そばのイベントハウス(名前忘れた)で、しました。主催は、Y下N子さんシネマドオルフェだったと思う。シネマドオルフェは、当時は京都で、たぶん唯一実験映画を上映するグループ、というかY下さん1人でやってたと思う、まあ、京女版カチカチ山みたいなもんかな,,,で、京都時代に良く見に行きました。映画については、彼女に育ててもらったようなもんです。イベント後はドンちゃん騒ぎをして、なぜか京大西部講堂でみなで、雑魚寝しましたな。なぜ、西部講堂だったんでしょう。謎です。

ところで、前述のO田氏ですが、たしかオーストリア留学(当時、神戸大文学部助手)だとかで、その1,2週間後に、同じ神戸青少年センターでお別れ上映会をしました。上映作品は小津安二郎の「東京物語」でした。渋い!なぜか、チャボを抱いたケッタイナ外国人女性が来ておりました。映画のクライマックスの場面で、映写機が故障し、一度場内を明るくすると、みな泣いていました。チャボ婦人も大泣きしてました。この話はどうでも、よかったですねえ。ところで、このO田氏、あれから帰ってこないんです、消息不明なんです。K池さんに聞いても、「さあーーー」。

閑話休題、もし、このO田さんの近況をお知りのかた、おられたら、お知らせください。

てな、ツアーがありまして、9月のゲーコーダイ・タジゲンにつながるんだと思います。この間に、ぼくは知らないが、WこーとDぶちとMiyamotoさんあたりが、つるんでなんか面白いことしようぜ、てな乗りで、タジゲン・イベントにころがったんだと思います。その間の経緯は全然しらない。ぼくは、乗っかっただけです。

ところで、そのタジゲンなんですが、ほとんど覚えていないんです。自分のこと以外は、、、。出演者で覚えているのは、Wこー、Dぶち、Miyamotoさん、例の京都のK村、あとかわいい女の子がいたような。全部で6人だったかな。1人当たり持ち時間30分で。

ぼくは、天井にスクリーンをはっつけて、改造8mm映写機を手で持って天井上映をしたんだけど(PEACOCK 83)、他の人で覚えているのは、Dぶちの「ばるんが」くらいかな。長い黒いポリフィルム(よく畑に覆っているやつ)をつなぎあわせて巨大な風船を作ってその中に、観客を入れて、手作り電子楽器で演奏をする、といったパフォーマンスだったような気がする。

このDぶちという男は面白いやつで、これほど色んなことをやるやつにお目にかかったことは無い。多分、専門はCGだろうけど、フィルム、ビデオ、オブジェ、音楽、楽器作り、自分のレーベル(CAT/DOG)でのテープ、LP制作・販売、イラスト、漫画(学生時代、ジャンプかなにかで、かなりのところまでいったみたい)、パフォーマンスetc. 数年前、キリンなんとか大賞ちゅうやつを取りました。

またまた、しようもない話なんですが、Dぶち君、留年して5年めは学生寮を追い出されて、当時、前年までぼくの住んでいた下宿の部屋に住んどりました。醸酢屋(名柄:子宝酢)さんの醸酢場(酒蔵にそっくり)の屋根裏部屋を改造したもの。塩原の竹下寄り、那珂川沿いで、いまは区画整理されて、全く影も形も無いようです。

またまた、脱線。

残念ながら、このときのMiyamotoさんのこと、全然おぼえてへん。やっぱり黒かったような気がする、、、。Wこーも何したか全然覚えてない。

この時に、FMFの方々がみにきてくださって、Nトさんが、「うちに出さんか?」と言ってくれたんで、翌10月のFMFオープンフィルムボックスに出品しました(秀工社ホール)。(自分のことは良く覚えてる)

おそらく、ここに、IAFのY野さんとかE上さんとかが、来られていたものと思われます。ここらあたりで、接触があったんではないですか?

つづく


※miyamotoから補足

くがいさんたちが、映像ちんどん屋さんをパーソナルフォーカスでなさっていて、そのときのチラシを見て、神戸に参加しました。
だから、パーソナルフォーカス会場では、後にくっついては居ないはずです。神戸では、黒かったと思います。
ちなみに、わたくし、このときの神戸で初めてカエルを食しました。

それから、私は、あのタジゲンでは、赤い着物を着てヒラヒラしょーもないパフォーマンスをしました。ああ、恥ずかしい。記録がなくて幸いです。
もうひとりの可愛い女の子は、MAMIちゃんだと思います。イラスト描いてた丸顔の女性じゃなかったですけ。たしか音楽系のかたともつながりがあったと思います。
いまもMAMI☆MAMIさんて、アーティストいますが、彼女とはもちろん別人です。

それから、Y野さん、E上さんとは、このへんの事情で接したわけではなくて、IAFに私が初めて行ったのは、前にも書いたように、Q大のミニコミ取材のためでした。実をいうと、大学の美術部の友達が先にIAFに通っていて(シルクスクリーン)、そういう実技教室だと思っていたので、あまり関心がなかったのでした。でも、その取材のとき、現代アートの作家さんたちと出会って面白いなと思ったのでした。

まあ、この辺の時代になると、それぞれ受け取り方と事実関係について、個人差が大きいようで・・・・・・・私が前に書いたやつも、だいぶ違うと言われたりしました。

毛利さんたちの討議2にあったように、歴史や記録というものは、重要なことですし、なるだけ事実として残したいものですが、いつも、少し現実とはずれて行くのかもしれません。

ところで、くがいさんが福岡を離れてからのご活動がよくわからないので、つづきの折にでもお聞かせください。m(_ _)m よろしくお願いします。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-03-30 12:32 | old story

強烈パッケージ

a0000344_19153638.jpg頂き物のお菓子です。

スラウン。
ヨーロピアン クロクネル。
そしてピラミッドを思わせる三角形を背景に
これ、スフィンクス??なお顔。

しかも元は和菓子屋さんです。

中身はスポンジケーキ風なんですが
千鳥饅頭みたいなアンコが入ってて
ますます謎。

福岡県南部の某地域のお菓子やさんです。

THRONEとは、Yahoo辞書によれば
1 玉座,王座.
2 《the ~》王位;王権,王威;主権者;国王,皇帝
3 司教[主教]の座[地位];神の座.
4 《~s》神座天使:天使9階級の第3位.
・・・・・うーむ。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-03-29 19:15 | m_s diary

深夜のニュース

地震以降、午前3時過ぎに起きる癖がついてしまっていまして。。。
余震でおきたこともありましたけど。

けさがたも、起きたので
例によってTVつけてビックリ、
またスマトラ沖で!!
3ヶ月たっても、M8超の余震って・・・・!!

http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/2005-03-29-01-10.html

※3月30日追記
余震ではなくて、別の地震、いわゆる「双子地震」という説が主流になったようです。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-03-29 15:15 | earthquake_since0320

今日の福ビル

a0000344_14272622.jpgバスのなかから撮影。
ビル手前に白いお花が満開?で
ちょっと和みます。

きょうは暖かくて、
やっとほっとしました。

ぎんなんビルからの引越しもしたし。
いまからアートリエのほうを片付けないといけませんが、
とりあえずは、ちょっと、ほっとしました。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-03-29 14:27 | earthquake_since0320

鴨のカルパッチョ@ハイサイ(警固)

a0000344_13302280.jpg沖縄メシから洋物からアジアモノから
いずれも旨いものばっかのハイサイさんです。

警固本通ぞい、サニーの近くです。

地震の厄祓い?で行ってきました、って
毎日そんなことばっかり言ってますが。

写真は鴨のカルパッチョです。
またーりとしてグーです。

ここのカレーがまたタマリません。
ラストにはぜひ。

音楽関係とか文学関係のかたとか多いお店です。
かべに働正の油絵がある、とこです。
って前に書きましたっけ、そのこと。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-03-28 13:30 | food

ギャラリーアートリエMCP管理サイトのURL

シンプルにしました。
2004年度と2005年度と分けてますのでご注意

http://www.ne.jp/asahi/mcp/fukuoka/galleryartlier/
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-03-28 09:48 | the gallery artlier