mcp and 88 blog

ブログトップ

<   2005年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

街の再生@ニューカッスル

実は今週、また報告をせねばならんので復習してるところです。
担当がニューカッスルのところなので。
またそのあたりの画像をアップ。

グレイストリート、グランジタウンとよばれるあたり。
正式な行政区ではないそうです。
福岡でいうところの「博多部」という区切りかたと同様、
文化的地理的に、一定のまとまりがあるエリアのようです。
a0000344_1825443.jpg

a0000344_183243.jpg

こういった統一デザインのプレートを貼って
このエリア一帯を新しい名前で呼ぶわけです。

a0000344_1835054.jpg

パブリックアートが路上あちこちに。
a0000344_1841122.jpg

これは古いアーケード商店街が再生してるの図。

付近には、福岡でいうような屋台街もあるようですが
ちょっとガラが悪くて観光客向きではないらしい。
街としては「洗練されたナイトライフ」も作り上げたいとか。
でもそういうの、オカミから指示されて出来るものと違うんじゃないかなあ・・とも思うのですが。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-07-26 18:08 | art info/repo

ニューカッスルに間もなくオープンする子ども用文化施設

a0000344_1623253.jpg

食べ物ばっかりだったので・・・ちょっとイギリスはニューカッスルのスペースレポを追加。

こちら、8月オープン予定「セブンストーリーズ」というスペース。
ウーズバーンouseburnという、この地区は文化を軸にした再開発をおこなっている途中。
その一画に、子どもたちの識字率をアップさせるための
教育センターとして開設されるそうです。
本屋さん、展覧会スペース、教育スペース、ミーティングスペース、
スタジオ(アトリエ)、メディアセンターなどが入るそうです。
そして面白いなーと思ったのが「子どもカフェ」。
いいですねー、どんなメニューが並ぶんでしょうか。
付近はちょっと荒んだ感じのエリアですが
徐々に住宅なども増えてゆくそうです。
アートとコミュニティ融合の場所として機能してゆくことを目指しているそうです。

a0000344_16283152.jpg

a0000344_16285930.jpg

a0000344_16304170.jpg

[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-07-26 16:30 | art info/repo

ユーロスター1等席は朝食付き

a0000344_10484426.jpg

a0000344_10525255.jpg

リール→ロンドンへの移動は
欧州新幹線ユーロスター。
EU同士とはいえ、国境を越えるので
EU以外の国民であるわれわれは出国入国審査みたいなのもあります。

出発してトンネルに入る前に朝食が出ました。
飛行機の機内食みたいな感じ。
もっと美味しくなかったけど・・・・
サービスはよかったです。

ドーバー地下のトンネル走行時は、信号故障だとかで
速度を落としてました、ちょっと恐かった。

ロンドン市中に入ったら、車窓から「お化け煙突」も見えました
a0000344_1052030.jpg

[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-07-26 10:52 | food

こじゃれ系レストラン@リール

a0000344_10434496.jpg

食い物系連投中。
リールでは、小さな白いストイックな器に
少量ずつ盛って出す、こういうシステムが
こじゃれた感じなのだそーです。
料理自体は、お魚系和食っぽい感じだったりもして
こっちでゆうところの創作料理ってとこでしょうか。
写真はデザートです。
デザートは美味しかった。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-07-26 10:45 | food

リールの白ビール

a0000344_1037413.jpg

リールは、ベルギーに近く、
文化的にも南のマルセイユとはだいぶ違うようでした。

こちら、リール名物の白ビール、
地元のひとは食事にはワインよりもこの白ビールなのだそうです。

No pub in U.K., No cafe in Franceの禁欲的?な旅程のなかで
最終訪問地リールでの白ビールは
ほんま旨かったです。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-07-26 10:39 | food

マルセイユのお魚スープ

a0000344_10334388.jpg

マルセイユ行ったら
ブイヤベースば食ってこい!という
お友達のススメはありましたが
ブイヤベースは予約が要ると言われ
わずか1泊の滞在、あきらめました。
お店のひとが
いまの時期なら、ブイヤベースより
こっちのスープがお薦めだと出していただいたお魚スープです。
さすが港町。
ちょっとカニみそぽいスープ。
魚好きの日本人には良い塩梅でした。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-07-26 10:36 | food

ひさびさエルボンランチ

a0000344_17583449.jpg

古門戸町の老舗喫茶?洋食屋、ご存じ「エルボン」。
肉好きにはタマラナイお店です。

日替わりランチは800円。
コーヒー付きは1000円。
コーヒーにはホイップしたクリーム付き。

写真はヒレカツ+魚のマリネです。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-07-25 17:58 | food

新しいサーカス

Le Couple Noir 珍道中「アートサーカスの現在 at UPLINK」

先の研修旅行中、フランスでは至るところで
「ヌーヴォー・シルク(新しいサーカス)」が
話題でした。

↓マルセイユやリールの動く彫刻たちと
こういったサーカスの活動は連動していて
新しい芸術潮流になっているようです。

日本では、カナダ発の「シルクドソレイユ」が有名ですが、
フランス、そして欧州各国では、ほんとうにたくさんのイベントが開催されているそうです。
この波が日本に来るのは何年後だろう。。。。

コンピュータ音楽・映像、コンテンポラリーダンス、演劇、
文学、そして造形美術など
ジャンルなんてカンケーねーよ、とばかりな
このサーカス界の皆々様の表現の多様性には驚かされます。

7/22、渋谷でおこなわれた新しいサーカスを紹介する会に行ってきた感想です。
そして身体表現がベースであるサーカスですから
やっぱり、生で観たいです。

「ル・クプル・ノワール」さんたち(二人組)は、
ヌーヴォー・シルクを日本に紹介するべく活動しておられる方々です。
大きなうねりになってゆく予感です。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-07-23 16:03 | art info/repo

動く彫刻たち@マルセイユ

a0000344_1336010.jpg


これはウマでしょう。たぶん。
マルセイユのほうのアーティスト工房、スドサイドです。
バイクの修理屋さんとアートが一緒の場所で
なんの境目もなく作業しているとこが
めちゃめちゃかっこいいです。

a0000344_13375735.jpg

バイク好きなひとなら分かるのでしょうか
a0000344_13383048.jpg

a0000344_133858100.jpg

働くかたがたの表情、その制作姿勢がすごく気持ちいい。
アートの現場はこうでなくては。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-07-19 13:39 | art info/repo

動く彫刻たち@リール

a0000344_1315728.jpg

たつのおとしごです

ほんとはクジラのでっかいのをお見せしたいんですが
(しまげい勉強会ではお見せしました)
ちょっと画像が汚いので
こっちをアップします

リール(フランス)にある「メタリュ」という
アーティスト工房のようなスペースがあり、
そこがさらに別場所にでっかい倉庫兼制作場所を持っていて
そこに棲息?しているのです、こういった動く彫刻たちが。

マルセイユにもこういった場所がありました。
フランスでは
大道芸やサーカスが現代アートを超えて
さまざまなジャンルと結びついていて
たいへん興味深いです。

動く彫刻たち。
福岡在住作家ですと、アジトリ出品予定の す◎たかまささんとか
いまギャラリーアートリエ展覧会中の う★じまひとしさんとか
いっしょにやったら面白いだろーなーと思いながら
シャッターを押していました。

a0000344_13211864.jpg

メタリュで作ってた動きながら音を発するオブジェ。
a0000344_132234.jpg

制作者、レレレのおじさん。もとい、ゼラニウムさん。
本名かどうかは、わかりませんがアーティストネームはこれだそうで。
うしろの円盤のやつは、中に走る自動車おもちゃを入れて回すと
やっぱり音が出るんだそーです。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-07-19 13:19 | art info/repo