mcp and 88 blog

ブログトップ

<   2005年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

山下公園内のサイン@9月24日

a0000344_14372195.jpg
今回のヨコトリは
青いコーンが目印です。
会場のなかでも いろんな表示・サインが
このコーンで表されていて
ちっちゃなコーンは グッズにもなってました。

かわいーんですが
実はホントーのサインとしては
ちょっと分かりづらかった・・・
これはマップにも言えるんですが
色遣いや画像のバランス、文字表示の方法などが
ほんのちょっと見えにくい/わかりにくい感じなんですよねー
ま、たいへんなのは
よーく分かるんですけどっ
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-09-30 14:41 | art info/repo

ひさびさの「ランチ」

a0000344_13353549.jpg
どうもこのところ、いわゆる「ランチ」を食べる機会がなく
ひさしぶりに こういう典型的なものをいただいた。

カフェアートリエのハンバーグプレート870円。
スープとドリンク付き

カフェアートリエでは、パスタランチが好評なので
ほかのメニューは つい忘れがち。
値段もパスタのほーがお得だし。
一年以上ここに居ますがまだ食してないメニューもあります。

先日、打ち合わせしたデザイナーさんが
「ここはもっと宣伝しないとダメですよ」と
言ってくださったので
宣伝しておきまーす。

カフェアートリエは、打ち合わせ待ち合わせに最適です。
コーヒー210円。
地下鉄直結。
アート系雑誌読み放題。
初めてのかたは、ロボスクエアと間違って迷ってしまうのが
難点といえば難点。

さて今日はここ「番台」に座って
ゲンコー書きとかメール返信とか銀行業務とか
いわゆる事務作業にいそしんでおります。

次の展覧会準備もあるし!!
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-09-30 13:35 | food

ムール貝でしたか

8月ごろ食べたんです 元気つけるためのイタリアンなコース。
どれもマーベラスでしたが
これは2品目で出てきたヤツです

たしかムール貝。エスカルゴみたいになっとります

a0000344_2230418.jpg
というわけで、と・あるかたに
おはげましをいただいたのでメシネタです。

そういえばさいきんあまり書いてないです。
なぜならそれはコンビニ飯おおいから・・・しくしく

コンビニ飯つづくと作業意欲が失われます
アートの現場には美味しいメシが必要です

高くなくて美味しいものはアーティストに聞くといいですよね
お金ないけど こだわる人たちが多いから

天高く馬肥ゆる秋
もっと美味しい情報もアップできるよう頑張ります!
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-09-29 22:30 | food

ちょっと派手でしょうか>背景変更

二つのトリエンナーレが始まったので
ちょっと目出度そうな雰囲気にしてみました

SafariとExplorlerで見え方が違うんですよね
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-09-29 22:27 | blog lesson

よことり攻略法 その5

参加アーティスト

みどころ、なんて書いてしまうと
ネタバレしちゃうので
MCPに関係していた作家たちなどという視点からのご紹介
パンフ掲載順に書いていきます

安部泰輔
ぬいぐるみで大ブレイク・ご存じ大分のアーティスト。
会期中ずっと会場に居るそうです!

ディディエ・クールボ
1995年、江上さんがフランスにレジデンスに行ってたころ
お会いした作家です
お元気そうでした

キュレーターマン
福岡ではおなじみ、ナヴィンのプロジェクト
ヨコトリも前回に続いて名前を変え、一種コラボ企画として参加
今回もヤラカシています

gansomaeda
元祖前田? ガイジンは読みにくそうにしています
日本人でもわかりづらい
これが渡辺郷くんのプロジェクトです

へディ・ハリアント
1995年アートピクニックで参加したインドネシアの作家です
彼もお元気そうでした

池水慶一
1994年に姪浜人工海浜であのデカイ作品を作った池水さん、
今回も堂々たるご参加です

キムスージャ
福岡市庁舎からアクロスへ至る地下通路電照看板のお仕事をしたことがあります
彼女の作品はよくみて来なかった・・・

キム・ソラ
プレスオープンで賑やかなパフォーマンスをヤラカシました
相変わらずマイペースなソラさんです

大榎淳+上屋番+みかんぐみ
1996年天神地下街で当時難しかったインターネット回線利用した作品を作った大榎さんと
せんじつ しまげいでお話いただいたみかんぐみさんたちのコラボ。
ラジオ局です。

高松次郎
MCPとは関係ないですが
先だって北九州シビで再制作されていた影の絵、ちがうバージョンが
再制作されています。

そして、これまたMCP関係ないですが
個人的には SOI プロジェクトのなかの
ウィスット・ポンニミット作品が見れたのは嬉しかったです。
吉本ばなな本の表紙をやってたかたです。

ついでにいえば
SOIプロジェクトは複数アーティストが参加した展覧会内プロジェクトです。
MCP的には1994年の小沢剛さんが「なすび画廊」で同様のプロジェクトがありましたが
今回のヨコトリはこのタイプの出品が多いです。
コラボレーションとしてお名前同士を+でつなぐケースとか。
だからキュレーター自身も作家個々の名前を少々混乱するみたいです

お問い合わせ
ハローダイヤル 03−5777−8600
http://www.yokohama2005.jp
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-09-29 06:36 | art info/repo

よことり攻略法 その4

会場めぐり

ご質問があったので会場めぐりについても
書いておきます

メイン会場はご存じのとおり
3号上屋、4号上屋の二つの倉庫、
そこへ至る海沿いの道(ビュランのインスタレーション)、
それに街の中や公園に点在する作品です。

倉庫だけ見るのであれば
映像をどれくらいじっくり見るかにもかかってきますが
まあ2時間あれば それなりに堪能できると思います。

欧米の大きな美術館で開催される企画展といった趣でしょうか。
作品のスケールはけっこうでかいですが
コンパクトに見て回ることができます。
カフェもいくつかあるのでゆっくりできるし。

ただ何度も書きますが、入り口から上屋会場へが遠いので
片道はバス利用をおすすめ(無料)

街中では中華街周辺に、
以前にも書いた泊まれる作品(ヴィラ會芳亭)などがあり
山下公園内にも二つほど作品があります。
※ネットによれば、會芳亭は全日満室になったそうです。
また、キャンセル待ちは受け付けないとのこと。

私自身が見てないので
どれくらい時間がかかるといえないのですが
上屋と同じ日に見ようと思えば
随所でタクシー移動を入れたほうがいいかもしれません。
歩けないことはないんだけど、意外と歩くと遠いんですよねー

マップで見てる限りでは思ったより町中作品は多くないです。

でも
横浜美術館では李うーはん、
バンカートでも連動企画「24時間のホスピタリティー」
神奈川県立近代美術館では篠原有司男展(そういえばヨコトリレセプションでお顔を見ました)
やってますから・・・
いろいろ見ると忙しいかな

あ、マップの「後援事業」のなかに
トリエンナーレ・アートチャリ&横浜街角アートマップ、という企画があります。
これってチャリでまわるんでしょうか、そういうのがあれば便利だと思います。

あと元町の商店街でも関連企画が土日祝などに
いろいろあるみたいです。

そうですねー
1泊は絶対かなー。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-09-28 20:05 | art info/repo

よことり攻略法 その3

いよいよ明日がプレスオープン、現場は殺気だってる・・・かと思いきや
意外とみなマイペース。
やっぱりワーク・イン・プログレスなのでした。

さて、みなさまご期待のメシ!ですが・・・
中華街については、斬新な情報なしです。
ていうか、会場や事務所が繁華街から
ちょっと距離があるので
現場はカップ麺やコンビニ飯が蔓延しています。

関内周辺には活きのいい感じの居酒屋がけっこうあります。
なぜか佐渡島の郷土料理の店などにも行きました。

中華街は、むしろガイドブックに頼ったほうがいいかもです。
数も多くてワケわかんないです。

元町は、会場から案外近いので コジャレ感を味わいたければ
足を伸ばしていいと思います。
ロコモコのおいしいお店に一度行きました。

カフェは、昨日書いたように日本大通り界隈がおすすめ。
天気がよいと舗道にズラーとテーブルが並んでいます。

あと、きのう行った横浜駅近くのビブレの中にあったハイチ料理の店は
断然いちおしですが
会場からは 完璧に遠く、別の街ですから、まあ
よほどのときに。

総じて、ラーメンはなかなか旨いです。
某Yキュレーターによると
中華街の中より、ふつうのラーメン店が旨いそうです。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-09-26 20:42 | art info/repo

よことり攻略法 その2

宿について。
今回は、桜木町とかみなとみらいとか馬車道とか伊勢佐木町よりは
中華街・山下公園付近がおすすめです。

地図で みると
メルパルク、スターホテル、ホテルニューグランド、
ザヨコハマノボテル。でも高そうですね?

エスカル横浜、というのも近くて良いそうです。
本来船員さん向けだそうですが
一般ももちろんOK。

福岡からだとパックもので
中華街山下公園近辺の宿を当たるとよろしいかと
思います。

ちなみに昨夜泊まったローズホテルはJTBのパックです、
定価だと2-3万もする部屋に泊まれますので
ちょーお得。
中華街の縁にあります。

安さ便利さコミとなると東横インが、リーズナブル、オススメです。
横浜スタジアム前本館、新館あたりですと
先に書いたZAIMの近くですし、中華街にも行きやすい。

それに東横インは、上記以外にも横浜市内各所にあるので
割と空き部屋が見つけやすい。

ワシントンホテル桜木町も人気でしたが
今回の会場からはちょっと遠いかな?
バンカートや横浜美術館にも行く方には便利と思います

ウィークリーマンションを短期日借りるという技もあるかも。

そういえば、作品として、中華街の中にホテルを造ってるらしいんですが
(中華街の中の公園)
まだ見てません。
必見だそーです。

つづく
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-09-26 13:02 | art info/repo

よことり攻略法その1

台風の影響で、ビュラン旗など一旦撤去した会場ですが
鋭意制作中です。
わたしは ぼへーと見てることが多いです、若いモンが大層頑張っています

会場へのご案内など気づいたことを書いておきます

●羽田空港から
横浜へは京急バスが便利です。560円くらいだったと思います。
早いと30分切ります。
空港から横浜駅のYCAT(わいきゃっと)に着きます。
そこから地下鉄みなとみらい線で元町・中華街に出るのが
たぶん一番簡単かなと。
※バス推薦理由は、まず乗り換えがないことと必ず座れること、です。
羽田から乗るときも降りるときも便利のよいフロアに直結しますから
階段地獄を味わわずにすみます。
そのほかの利点、荷物をトランクルームに入れてくれること。意外に早いこと。
そのあとの乗り継ぎも比較的楽であること。などにより一押しです。

地下鉄みなとみらい線 横浜駅→元町中華街へはだいたい10分。
元町・中華街 4番出口から山下公園方向へ徒歩5分で
ヨコトリ入り口です。

※ちなみに、横浜駅界隈から中華街や山下埠頭あたりへタクシーでは
早いと30分、料金は2500円から3000円ちょっと超えるあたり。

また、会場内(上屋・倉庫の中庭まで)まで乗り付けてるかたも居るようです。
体力に不安のあるかたは、この手法が楽かもしれません。

で、問題はここからです。
受付入り口からメイン展示会場へは徒歩だと10分以上かかります、
えんえんと歩きますのでご注意。

入り口から会場への無料バスも運行されると聞いています。

現在スタッフは、自転車やバイク、徒歩で動いていますが
海沿いなので風が強いとけっこーキツイものがあります

※プレスオープン後、自転車禁止になりました。
スタッフの移動が大変・・・ バス利用になりそうですね。

●関内から
JR利用のかたで、関内付近からお越しになる場合
横浜スタジアム、海側の日本大通り界隈を要チェック。

旧関東財務局をZAIMなる名称のインフォメーション施設にしてるらしいです。
となりの関連企画grafカフェ(前に紹介した草間ソファあるところ)もお勧めですし
付近に良いカフェがいっぱいあるので
まずはここで一服して計画を練るという手はありかなと。

そこから山下公園方面へ向かうと
メイン会場入り口への途中に
公園内設置した作品を見ることが出来ます。

つづく
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-09-26 11:08 | art info/repo

あと何日

a0000344_19232166.jpg
横浜トリエンナーレの現場に来ました。

入り口から会場へは
ビュランの旗がはためいています。
ポスターにもなっています。
歩くと ものすごく遠いです。
海っぺたの倉庫で、エアコンも基本的にはありません。

花どんたくほどの砂漠度ではないですが
ご来場の際は歩きやすい靴がよろしいかと。
カフェみたいに休める作品も多いです。

安部泰輔さん、渡辺郷さんも鋭意作業中。
徳永昭夫さんも現場で大奮闘しておられます。
わたしは・・・
昨日まで博多でドタバタしてたぶん
ちょっと今日はお休みぽいモードしてます、すみません。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2005-09-23 19:23 | m_s diary