mcp and 88 blog

ブログトップ

<   2006年 11月 ( 41 )   > この月の画像一覧

いじめ報道

ここぞとばかりの報道ですが。
政府もなんだか焦ってますが。
郵政民営化を巡る自民党のドタバタみてると
政治中枢部でコレやってる国なんだからと
がっくりします。
見て見ぬふりをしたひとも罰する。
罰して何になるのだ。
考えないといけないのは
「いじめている」「いじめられている」それぞれに
何があって「いじめ」が起こっているか、だろう。
いきなり「罰」って、それが、教育か。

パワーハラスメントという言葉で表現されるようになった、
職場のいじめ。
学校(生徒)だけじゃない、そういう構造は。
(学校の先生たちもパワハラを受けている)
仕事柄、相談を受けることが多いけど
これは根深い。
真実なんて実は分からない。
そこにあるのは傷ついた現実の「感覚」であり
これは原因が去ったとしても、残り続ける。
痛めつけられていると、ジブンの感覚も分からなくなってくる。

うっ しまった。朝から青緑(>のだめ)な話題になっちゃった。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2006-11-30 08:20 | m_s diary

個展ウィーク(個人的に)

共同アトリエ・3号倉庫 城野敬志個展 ※終了
MODERN ART BANK WALD 耘野康臣個展 ※終了
art space tetra ロス・ポール・テイラー個展(ニューカッスルから)12/10まで
美野島CAA 中牟田和幸個展 ※終了

先週末から、個展を巡っている。
今日は何としても、
小倉のgallery soap 日野陽太朗個展に行かなくては。12/2まで。
アートスペース貘では元村正信個展が開催中。12/10まで。

こうしてみると何故か男性作家ばかり?
合間で別府プロジェクトに行ってましたが、
そういえばこれも個展は宮島達男で
ストリート・プロジェクト参加作家(公募)は3人とも女性でした。
別に深く考えるほどのことでもないか?

個展シリーズ、データ詳細と感想は、後日追記。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2006-11-30 06:40 | art info/repo

てれびでんわ

昭和高度成長期の子どもやから
テレビ電話が21世紀に実現したとなると感動モンですが
意外にあっさりと使えるようになっとるのが
拍子抜けというか、なんというか。

ひとつはケイタイに最初から付いてきてる「TVコール」機能。
新しい機種だとたいていフツーに付いてて、フツーに使える。
DoCoMoとSOFTBANK間でも問題なかった。

これでケイタイ持っててどこ居るかわかんないときでも
「いま、どこ、そこ」と
キビシク追及できるようになった
あるいは
「いま、ほら、ここ」と楽しく遊べるようになった
って訳です。

Macも新しい機種では、カメラが内蔵されていて
ネット経由でテレビ電話というか、カメラ付きチャット&会話というか
これも割にフツーに使えるみたい(iChatとスカイプにて、お試し中)。

私の使用機種では外部カメラ接続になるが
これもFirewireでつなぐだけ。簡単じゃのう・・・
問題はオフィスのマシン。OSが古いからつなげないのだ・・・
うう、やはり3年くらいが限界かなあ、パソコンって。

で、まあテレビ電話でキャー☆とか言ってるのはイイんだが
映るジブンの姿に愕然とするわけです、特に早朝。

テレビ電話以降、心がけたいこと。
やっぱり、眉、少し描いたほうがいいみたいだ・・・
[PR]
by mcp_fukuoka | 2006-11-29 07:24 | m_s diary

古物商免許取得レポ その6>やっと経歴書作成して送る

経歴書のとこで作文が滞り、別府出張もあり
2週間ほども間が開いてしまった。

出身大学→いったん就職したところ、と
アート系の仕事が合致していない人生であるのと
現時点での仕事が「任意団体」で
申請は「個人」で、というあたりのため
お手本のような経歴書が書けない。

ちなみに経歴書は近い5年の分である。
5年前・・・2001年頃って、、、いちばん中途半端だし・・・
(冷泉藝館やってた年だなあ)

なんだか妙ちきりんな経歴を「取って付けたように」書いて送った。

で、それを受け取った行政書士さんからのメールによれば、
今後「××アンティークショップ」と名を付けた店を持つ予定であるとか
ネットで売買する予定であるとか、
そういうのも必要らしい。

まずは「個人名」とし、ネットは検討中でお願いしますと
行政書士のかたへ返信したところである。

果たして、こんなんでイイのかな。

Tね爺とY爺が「まだ取れんのか」と せっつく。
そんなゆわれてもぉー

まあようやくひと段階進んだ。ってことで
[PR]
by mcp_fukuoka | 2006-11-28 18:27 | 古物商免許への道

別府で買った本

a0000344_8494819.jpg

右は発行されたばかりの、二宮圭一本!
1000円!
10年間のエッセイ!
抱腹絶倒!
詳細おって。

追記
ネット検索もしましたが、特に見あたらず。
書籍に掲載されているデータを転載します。
直接お問い合わせしてみてください。
(下記に出てくるサイトも見たんですが、この本の情報は見つけきれず)

「二宮雑感」
2006年11月20日発行
著者 二宮圭一
発行者 姫野裕一
発行所 有限会社ネキスト
 大分県大分市東津留2-17-22-202
 Tel 097-503-1191
 http://www.conka.com
印刷所 佐伯印刷株式会社

ISBN4-9902744-2-3
C0293 Y952E

●ちなみに二宮さんは「大分美術研究所」の主宰をしていて
たくさんのアーティストを育てていっている人です。
別府プロジェクトの山出淳也さんや
ヨコトリなどで発表した安部泰輔さんもお弟子スジ。


二宮圭一プロフィール
[PR]
by mcp_fukuoka | 2006-11-28 08:49 | art info/repo

別府プロジェクト写真

といっても、鉄輪地区で見た変な風景+食べ物+ストリートプロジェクト中心。
これは↓地獄蒸し定食をいただいたお店。
a0000344_1832116.jpg

その他はコチラ。約50枚あります
http://www.flickr.com/photos/ohaz88/sets/72157594394059215/
[PR]
by mcp_fukuoka | 2006-11-27 18:33 | art info/repo

別府メシ

とり天は欠かせません。定食で940円。
箸袋に見える、まるい食堂。駅前の通りです。
a0000344_16592333.jpg

こちらは、しまった、肝腎の中身が写ってないけど、海苔巻きが重要。
駅で売っている「野田商店」の海苔巻き。
ごはんは少しで大半は卵焼きとカンピョウというボリウムな品。
a0000344_16592693.jpg

こちらは「湖月」の餃子。ふわーり。なんぼでも入るって感じ。
a0000344_16592983.jpg

下二つの写真は「別府B級グルメ」と題した交流会の一部。
竹瓦温泉2Fの公民館にて。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2006-11-27 16:59 | food

別府三日目

a0000344_11243595.jpg

アートNPOフォーラムin別府、最終日、ビーコンプラザで開催中。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2006-11-26 11:24 | art info/repo

本日より別府入り

a0000344_15294637.jpg

これは由布岳
[PR]
by mcp_fukuoka | 2006-11-24 15:29 | m_s diary

京都日帰りその4(ラスト)

ギャラリー16(2F)
a0000344_9444652.jpg


a0000344_9444650.jpg

で、下の写真が京都造形芸術大学の入り口付近。
(画面左端にレレレのオジサン)

アートマネジメントを学ぶ学科、になるのかな?
ASP学科といいます。
詳細コチラ
http://www.asp-k.com/

講義というか 話の内容は
MCP活動の概略、それから福岡のアートスペース紹介、
そして先日おこなったジョシビのこと。
(ジョシビ、ウケました。)
まあそれらを通してアートコーディネーターって
何をするのかなー、何を考えてるのかなーと、
そういうことを伝える意図だったんですが、
さて、与太話が多かったかも。

福岡および北九州出身の生徒さんも居ました。
それから水戸出身のかたからも質問を受けました。
みな、地元では知らなかった、地元ではアートプロジェクトが少ない
アートスペースを知らない、アーティストを知らない、
そういう話題になりました。

うーむ、これでは私の学生時代と同じじゃないか・・・

帰りに少し思いつきました。

中学生高校生を対象としてアーティストやアートプロデューサーと出会う場を作れないか。
ワークショップあたりからスタートして。

福岡にアートスクールやアートセンターが必要であるとしても
制度やハコやお金は結構大変だ。
まずは動きを作れないだろうか。

おつりをもらっての 日帰り講義。
こういう思いつきが出てきて、次への意欲がわいてくるから
この仕事はやめられないッス☆

もういちど、福先生、そして学生の皆さん、ありがとうございます!

京都は紅葉抜群、スバらしい季節でした。
私は無念の日帰りでしたが
あじ美からのお三方には秋の京都を満喫していただけると嬉しいなー
[PR]
by mcp_fukuoka | 2006-11-23 09:44 | art info/repo