mcp and 88 blog

ブログトップ

<   2006年 12月 ( 55 )   > この月の画像一覧

今年もお世話になりました>>よいお年を!!

ギャラリーアートリエでの諸企画
2−3月の「天神芸術学校」
しまげい関係のレクチャーやワークショップ
オハツ企画としての「ジョシ・美」
などなど たくさんのアーティスト、関係者の皆様に支えられて
今年も終わろうとしています・・・・
本当にありがとうございました、来年もよろしくお願いします。

・・・・って終わってないんですよ、実は、仕事が。
ギャラリーアートリエで年末に搬入するのは初めてですが
前の展示作品の送付や会計処理と
次回展の諸作業が年末進行とカブって
予想外の仕事量。
でもまあ年末は毎年同じコトを言っている気もします。

ダブルトリエンナーレにダブルアイランド企画ヤラカシていた2005年に比べれば
マイペースで仕事ができた2006年だったかもしれません。
2007年には、古物商免許も取れるだろうし、新しい仕事をしようと思います。
どうぞみなさま、よろしくお願いします、
よいお年を!
[PR]
by mcp_fukuoka | 2006-12-31 08:17 | m_s diary

東海楼あとはCA4LA

a0000344_1320374.jpg大好きな帽子屋さんだけに複雑なキモチ…

☆2006.10.27付の当ブログ内記事
天神・東海楼が休業
[PR]
by mcp_fukuoka | 2006-12-30 13:20 | m_s diary

ギャラリーアートリエ設営中

年末の設営は初めてですね。
2004年、2005年とも、「通りと広場」の会期中でした。
設営風景ちょびっとコチラ↓
ショウウィンドウで設営している森貴義さんです。
(これは外から見えるとこなので)
a0000344_19562697.jpg
http://gaartlier.exblog.jp/

さて遅くなりましたが、いまから例の「松流」へ向かいます!
げほげほ
[PR]
by mcp_fukuoka | 2006-12-29 20:05 | the gallery artlier

雪も降りました

よーやく冬ですね
ギャラリーアートリエは、新年早々の企画準備中です。
といいつつ自宅作業のわたし。
来年の企画案も昨日バタバタと作成しました、
例年年末ってこんな風ですね〜
さて、今日中に整理つくのかな・・・

風邪がさらに蔓延しています
みなさまもお大事に!
[PR]
by mcp_fukuoka | 2006-12-29 12:10 | m_s diary

12月25日のギャラリーアートリエ

a0000344_7365044.jpg
終了間近の撮影。
会場構成した瀬戸口さんお疲れさまでした。
会場風景は近くまたflickrにアップします。

そして、今現在のアートリエは年明け早々の次回企画に向け
作品が届いてきています。
八尋さんの新作は大注目です、お楽しみに!
[PR]
by mcp_fukuoka | 2006-12-28 07:39 | the gallery artlier

が゛ぜ゛び゛ぎ゛ア゛ー゛ト゛リ゛エ゛〜゛

きょうは撤去と設営と両方ヤラカシてた地下画廊ですが
労働人口の8割が風邪っぴき〜(含・ジブン)
皆さんお大事に〜 げほげほ
あ゛〜゛ 書゛類゛が゛進゛ま゛な゛い゛〜゛
[PR]
by mcp_fukuoka | 2006-12-26 22:18 | m_s diary

古物商免許取得レポ その12>中央署に行ってきました

a0000344_15595881.jpg福岡市役所そばの中央警察署入口です。

申請窓口は
生活防犯課です。
5階です。
フーゾクと同じ申請場所です。
古物・風俗営業許可、というくくりになっとるようです。

ひとけのない廊下を歩いて辿り着く、せ、せまい事務所。
やっぱテレビで見る警察ってキレイなのねー

申請書類は行政書士さんのオカゲでほぼ問題なし。
ただ、おそらく一番労力をかけたとおぼしき「誓約書」(2種)と、営業所として申請する自宅マンションの全部証明の書類は要らないと言われました。
誓約書は警察のほうで準備している、別の文面(行政書士さんのより簡略化してある)があり、それを読んだうえで署名捺印、でした。

19,000円払います。
これは1階で証紙を買って指定の用紙に貼り付けます。
自動車免許更新などで使うのと同じ要領です。

でもって、申請手続き終了。
「審査」があって、許可が出るかどうか決まります。

35-40日くらいかかるそうです。
来年1月下旬から2月、と言われました。

さて、どうなるでしょうか。
しばし、お待ちを。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2006-12-26 15:59 | 古物商免許への道

古物商免許取得レポ その11>警察へ電話連絡

行政書士さんの指示どおり、いったん電話を入れてみました。
歳末ということで忙しそうな警察署内の気配が伝わってきます。
どきどき。

担当部署に電話が回る。
午前中は「パチンコ」取り締まり??で忙しいらしい、
そして、行政書士さんのアドバイス通り、
担当者は「明日なら居る」とのこと。
おおっ、ラッキー。
それじゃ明日の午後、参ります!

書類の件も「行政書士さんに用意してもらった」というと
二つ返事でOK。
そうでなければ事前に出向いて説明を受けたり
関係書類を受け取ったりするんだろうな。

さーて
申請してどれくらいで許可がおりるのかなー
[PR]
by mcp_fukuoka | 2006-12-25 09:42 | 古物商免許への道

三年連続

a0000344_5494164.jpgリバレイン地下名物(?)ボッテガ・オットーさんのクリスマスケーキです。

一見シンプルなケーキですが、基本がしっかりしているから、もうそりゃタマリマセン。
1)生クリームがほんわり、とろーり夢心地
2)イチゴが新鮮、甘い!中のスポンジ間にもふんだん!
3)スポンジケーキがこれまたやわらかく、イチゴ+クリームの風味を引き出す
4)見た目がシンプルでキュート!生クリームとイチゴだけでサンタを描けるなんて!とケーキ作り好き友が大絶賛
5)お値段も普通。2人前程度で2000円ちょい。高すぎない。

あー。ぺろり、でした。
お飲み物も同じくリバレイン地下にて御用達。
エノテカはシャンパンラッシュでした。
これはもっとリーズナブル系です。ピンクがカワイイでしょう。

てなことで三年連続イブにアートリエ出勤、でした。
やれやれ。
「通りと広場」展を毎年やってるから仕方ないんだけど。
去年まではアーティストがなるだけ会場にたむろってる、ってコンセプトだったから、
イブに会場に居るなんて〜といいつつも、もっと和気藹々だったんだけどなあ。
来年ももしまた「通りと広場」をするなら、もうすこしストリートな香りが欲しいかな。と思ったイブでした。

※「通りと広場」は2004年にMCPがギャラリーアートリエ企画を任されてから、毎年年末年始に実施してきた企画。趣旨としては、会場を「通り」「広場」に見立て、若手作家がストリートで見せるように作品を発表する、というもので、過去には、ワークショップしたり、フリマのように展開したり、という会場構成になってました。若手作家の登竜門としての企画として、毎年継続してきたのでした。
三回目の今回は各作家の作品をじっくり見せる系の展示になっていて、作家がたむろするという会場にはならなかったかなー。
ちなみに、本日25日で最終日です。年を越さないのも初めて。「福袋」が作れないなあ。。。。残念。
[PR]
by mcp_fukuoka | 2006-12-25 05:49 | food

古物商免許取得レポ その10>申請用書類到着

申請用の書類が昨日12/23届きました!

予定通り26日申請に行こうと思います。

同封されてきた注意書きに
「担当者が居ないこともあるので
事前に連絡して行くように」とありました。
へー・・・ 正規の仕事として常勤が居るわけじゃないんだ?

申請書類内容リストは例によって改めて追記。

※追記
12/19付(発送) 書類送付内容の内訳は以下の通り

◎書類送付状
 ここに送付内容と「事前に電話を」という注意書きあり。
 福岡の中央警察署連絡先も記載してくれてます。
 さすが代行業

◎古物商許可申請書類 正副 各1部
 それぞれについて以下の書類がクリップ止めされてます。

(1)古物商許可申請書 様式第1号
許可書類、個人法人別、生年月日、名前、住所、行商の意志、
主な古物の区分、自署捺印
※日付は警察署で

(2)同上様式第1号その2
営業形態=営業所の有無、名称=この場合個人名、古物区分詳しく、
管理者氏名・生年月日・住所・電話

(3)その3 電気通信回線に接続して行う自動公衆送信により
公衆の閲覧に供する方法を用いるかどうかの別
(用いない、で申請。これはネットのことかな。
用いるときは「送信元識別符号」の記載が必要。)

(4)住民票 
(カラーになってるから写しじゃないんですよね?)

(5)身分証明書
本籍、氏名、生年月日のほか、
禁治産・準禁治産宣告通知を受けていないこと、
後見の登記の通知を受けていないこと、
破産宣告関係の通知がないこと、という3項目が記載され、
これを証明する、という区長の書類。
12月14日付

(6)登記されていないことの証明書
氏名、生年月日、住所、本籍。
上記の者について、
後見登記等ファイルに成年後被後見人、被補佐人とする記録がないことを証明する、
とあります。
こちらは東京法務局の登記官名にて。
12月14日付

(7)誓約書:施行規則第1条第3項第1号のロ書面
「私は、古物営業法第4条第1号から第6号までに掲げる・・(略)の
いずれにも該当しないことを誓約いたします。
(日付は警察署にて。住所・営業者の自署捺印。宛先は福岡県公安委員会殿)

(8)誓約書:施行規則第1条第3項第3号のハ書面
「私は、古物営業法第13条第2項各号までに掲げる・・(略)の
いずれにも該当しないことを誓約いたします。
(日付その他は(7)と同じ。(7)と(8)は内容がビミョウに違う。
未成年でない、成年被後見人とかではない、禁錮以上の刑がない、
盗品等有償譲受けがない、住所の定まらない者でない、
古物営業の許可取り消しから起算して5年経過をしない者でない・・・などなど。
よく似た文面だが若干チガウ)

(9)自宅マンションの「全部事項証明書」なるもの
専有部分の家屋番号、所在、建物名称、構造、床面積、調整年月日などを始め、
延々5枚にわたる自宅マンションのデータ証明。
11月15日付 福岡法務局 登記官名で発行。
(これは、いちおう「自宅」を営業所に見立てる前提だからですかね。
中古マンションとはいえ、自宅持ってて良かったなあ)

(10) 経歴書(最近5カ年のもの)
平成13年4月以降の経歴と、古物商許可申請に至る経過を年月に分けて5項目で記載。
(これがご存じのように意外と書くのを悩んだ部分。わりとそのまんまになっている。)
提出先は「福岡県公安委員会殿」

さて、以上10種類計14枚にわたる書類が1セットで「正」「副」あるわけです。
うーん、やっぱりジブンで全ての書類整えるのは面倒かもなあ。

これらに「警察署申請手数料 19000円」と「認め印」を持って
いざ出陣、なのでした。
きょう電話して、明日(大安)に行ってきます!
(担当者が居ればね)

[PR]
by mcp_fukuoka | 2006-12-24 12:40 | 古物商免許への道