mcp and 88 blog

ブログトップ

<   2008年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Ninai展 江上計太インスタレーションアート展

Art & Music SHOCK CITY OMUTA
Ninai展 江上計太インスタレーションアート展
8月1日(金)から30日(土) 10時から20時 入場無料
会場 大牟田商工会議所別館1階 (大牟田市有明町1-1-11)

最終日に駆け込みで行ってきました。
福岡(天神)から特急で小1時間、そういや普段は意外に行かないのですな、大牟田って。

a0000344_7575096.jpg

a0000344_758931.jpg

a0000344_7582986.jpg

a0000344_7585810.jpg

元金融機関だったという会場にビッチリのインスタレーション、ひさびさに江上さんのこういうの見たかも。
パーツになってる作品は時代も幅広く懐かしい。
壁面のテープワークは今までのものと ちょっと様変わりしていました。

江上さんオススメの大牟田ラーメン店も一緒に行きました。
博多のより、すこし太め麺+とんこつだけど後アジさっぱり系のスープ。
にんにく片をチラして食べるのがオススメです。
a0000344_80423.jpg


*大牟田スナップ
http://www.flickr.com/photos/ohaz88/sets/72157607030676429
[PR]
by mcp_fukuoka | 2008-08-31 08:01 | art info/repo

村久木孝志・陶芸教室 @ AB88 in KONYA2023

大盛況。
a0000344_2294923.jpg

a0000344_230682.jpg

a0000344_2302555.jpg


*スナップ写真(flickr)
http://flickr.com/photos/ohaz88/sets/72157607023453538/
[PR]
by mcp_fukuoka | 2008-08-31 02:30 | 紺屋2023への道

湯布院 別府

a0000344_11325977.jpg

湯布院では寺江圭一朗展 大木千波展を見、寺江×城野のズッコケユルユルトーク(写真後日アップ)を聞き、夕方 別府へ。
来年春のプロジェクトについて相談、さてどうなりましょうか。
いまからレジデントしている西野正将さんの作業を覗いて、公会堂での平川渚さんの展示を見て来ます。
写真は鉄輪の ひょうたん温泉。

※写真追加
a0000344_8391015.jpg

湯布院 ブルーバレンでの寺江+城野トーク

a0000344_8394892.jpg

BEPPU PROJECTオフィス入り口

a0000344_8401011.jpg

商店街に出来たplatform01(ダンス関連スペース)

a0000344_8404131.jpg

スタジオ。西野正将が制作中(訪問時不在)

a0000344_841665.jpg

別府市公会堂における平川渚作品

*8/28-29の湯布院・別府スナップはコチラ
http://www.flickr.com/photos/ohaz88/sets/72157607017042325/
[PR]
by mcp_fukuoka | 2008-08-29 11:32 | art info/repo

9/19 藤浩志のエンドレスナイト@紺屋2023

藤浩志さんトークのご案内です。

いつも全国(+海外)を飛び回っている藤さん。福岡に住んでいるはずなのに、最近福岡ではお見かけしません。でもブログをみると すごくいろんな仕事をしていてあちこちで面白い体験をしておられます。これをキカナイのは もったいない、、、ということで、「藤浩志のエンドレストーク」を企画しました。時間はたっぷり。
日々変化している「紺屋2023」の#306「アート・ベース88」でおこないます。9月19日金曜日。藤さんはバースデイらしいです。どうぞみなさま ふるってご来場ください。

<「西天神芸術センター(仮称)準備室」アートレクチャーシリーズ No.3>
藤浩志のエンドレスナイト

日時 2008年9月19日(金)19時スタート
 第1部 21時30分ごろまで。第2部 23時40分ごろまで。(予定)

会場 アート・ベース88
 福岡市中央区大名1-14-28 第1松村ビル(紺屋2023) #306

講師 藤 浩志(藤浩志企画制作室代表、美術家)

参加費・申込
500円あるいは差し入れ
予約申込不要。会場へ直接お越しください。


※詳細は下記ブログ記事より
http://ohazkikaku.blogspot.com/2008/08/no3.html

*写真:サイトサンタフェビエンナーレでの藤作品
a0000344_1917291.jpg

[PR]
by mcp_fukuoka | 2008-08-27 10:45 | 紺屋2023への道

銀座・清澄白河

出張2日目は 義務作業が早く済んだので、雨の銀座へ〜。
旧姓YM(新姓MM)さんと落ち合う。
銀座エルメスのギャラリーで、インド作家 N.S.ハーシャさんの個展を見る。

レフトオーバーズ
N.S.ハーシャ 展
2008.6.11-9.15
メゾンエルメス 8階 フォーラム
*ギャラリー部分の公式サイトなし

プラスチック製のバナナの皮に載ったカレーをかたどった蠟細工(?)のインスタレーションと繊細なドローイング。
第2回アジア美術トリエンナーレの出品作家さんです。それが2002年。
その後の国際的な活躍は目を見張るばかり。

作品を見ていたらオナカが空いてきたので、ベルギービールとクスクスでまったり♪
a0000344_10192422.jpg

いやぁ 銀座はよいお店がありますのーぅ。

てなイキオイで清澄白河。ちょっと迷ったけど、例のギャラリービルに到着。

*ZENSHI 公式サイト
http://www.zenshi.com/

すげぇ。話に聞いてたイチローさんと会う。デカ字と原色、ストレートなメッセージ、その裏の熟考。ヨイですなー、そうだ、アートは もっと元気じゃなくちゃ!と すがすがしい気持ち。

遠藤一郎 超アート展
2008年8月9日〜30日
ZENSHI

*遠藤一郎サイト NATURAL HI!!
http://natural-hi.info/

※写真は8/24の「未来へ号」と多摩川河川敷の祭り
a0000344_1019597.jpg
a0000344_10201677.jpg
a0000344_10204086.jpg


※今回の出張中のスナップこちら
http://flickr.com/photos/ohaz88/sets/72157606952955586/
[PR]
by mcp_fukuoka | 2008-08-26 10:21 | art info/repo

雨の代官山>多摩川>ヨコハマ

昨日は東京出張1日目、夕方から雨のなか三ヶ所めぐりましたー。

代官山・ヒルサイドフォーラム(F棟)の「アトミックサンシャインの中へ」は最終日。
ちょうどキュレーターが作品解説をするツアーの真っ最中でした。
戦争を、平和を、正面から考える企画はいまの世間には難しいのかなと思いつつ 見応えある作品を駆け足で味わって、雨足を睨みながら多摩川へ。
*「アトミックサンシャインの中へ」公式サイト
http://www.spikyart.org/atomicsunshine/indexj.html

多摩川河川敷でアートフェスティバル的イベントやらかしてるのは 若手作家さんや学生さんたち。
段ボールなプロジェクトは琴ちゃんとセキトくんの「五月雨運送」です。
(リアルに見るのは初めて)

 ※写真は次記事を参照

どしゃぶりの河川敷、小田急線高架の下、豚汁とVJとチューハイと。
「第二回未来美術専門学校」の祭パーティin多摩川でした
*NATURAL HI!! Web Gallery
http://natural-hi.info/
みんな元気やでー 若いなぁー

てなことで暗くなるまえに辞し、次は横浜へー電車乗りすぎ〜
なにを見るわけでなく石垣克子さんと田中千智さんと夕ごはん♪
おふたりとも黄金町バザールの直前でタイヘンなアーティストさんです。
わーぃ ビールだ トーフだ マグロステーキだーてな調子でワイワイ。
・・・終電に無事乗れました。が、乗り継ぎをミスって、最後はタクシー。
やっぱ横浜で飲むときは気をつけんとイカンですねえ
*黄金町バザール
http://www.koganecho.net/JPN/index.html
[PR]
by mcp_fukuoka | 2008-08-25 10:58 | art info/repo

福岡のアートシーンについて考える会@8月18日、消防会館7階

福岡市の文化芸術振興ビジョンへのパブリックコメント募集をきっかけに開かれた「福岡のアートシーンについて考える会」が8月18日に開かれました。
会場は(財)福岡市文化芸術振興財団が移転した消防会館の7階、会議室です。

a0000344_6305654.jpg

*会の後半はラウンドテーブル配置に変更

この会は、FPAP高崎さんの発案で 私も発起人となって開かれました。ビジョン案が発表され、パブコメを募集しているにもかかわらず、ほとんど知られていない、、、 内容がよく検討されないまま 議会へかけられ承認されてしまう気配です。決まってしまえば これを元に 市の施策がなされるということなのでしょうが、さて、これで何を実施するというのか。具体案が 何もない、スカスカのビジョン案です。

当日は、演劇・音楽・美術など福岡ではなかなかお互い会いそうで会わないメンバーが集い、まず文化振興課担当者の説明を聞いてのち、彼らには退席していただき、ディスカッションしました。どういう会になるのかな と 思っていましたら、あすみん・ヨシダさんが 進行役となり ポストイットに書かれた多彩な意見を まとめながら 会場で意見が出されました。
共通認識みたいなものが 浮かびあがってきましたが、発言していないひとも 半分くらい居ました、会の 総意として パブコメを作る意図ではないので。

ほんとうは こういう集まりが ちょくちょくあるといいなと思います。現場のひとびと。誰が やっているか、顔を見れば 動きは違ってきますから。

さて、おととい、ファクスで文化振興課へ送った私の意見を ちょこっと書いておきます。

・これは「ビジョン」といえるのか。総花的であり、具体性に欠ける。
・「全ての人」とはなにを指すのか。子どもや高齢者、障がい者などを特筆するということは それに対する特別の施策があるのか。むしろ社会人年齢の芸術体験が必要ではないか
・市役所関連部署に「文化芸術」をキーワードにした横断的つながりを作ることが急務(これはビジョン案の前提となった提言を論議したときにも強調されたはず)
・現在の文化芸術に対する市の予算や内訳を明記した資料を添えてほしい。そしてどの分野をどう変えてゆくのか
・ビジョン案25ページ、文化振興の担い手に「芸術家」あるいは表現するひとたち、という用語を使わないのは何故か?(ビジョン案には、市民・企業・教育機関・文化団体・NPO・地域・行政など多様な主体が文化芸術の振興を担う、という意味のことが書かれている)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

出席してくださったみなさま ありがとうございます。福岡は やっぱり民間からブチあげないと ダメですね^^
[PR]
by mcp_fukuoka | 2008-08-22 06:31 | art info/repo

やっぱりオキナワメシ

薬院の「がちまやぁ」と赤坂の「た〜ちまやぁ」♪
夏は やっぱり何度も行ってしまう〜。日曜お休みでっせ。ご注意。
a0000344_18194369.jpg

スクガラス豆腐は泡盛と相性バッチリ〜っ

*最近 とみに問い合わせが多いので 載っけておきます
琉球料理がちまやぁ公式サイト(た〜ちまやぁ情報もコチラから)
http://www.gachimaya.com/
[PR]
by mcp_fukuoka | 2008-08-17 18:32 | food

8/30-31陶芸教室@AB88

8月30日、31日に「アート・ベース88」で陶芸教室が予定されています。
講師に 鹿児島の村久木孝志さんを迎え、器やボタンを作るワークショップ。
企画は 弓削有友子・倉光宏枝のおふたり、よろしくお願いします

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
『大名で陶芸体験』
〜器やボタンをつくるワークショップ〜


夏休み最後の日。
コネコネ陶芸体験に参加してみませんか??
夏休みの思い出作り、自分だけの器作り。
鹿児島柳谷(通称やねだん)から村久木孝志さんを先生にお呼びして、
天神大名紺屋町で2日間限定の教室を開きます。
子供から大人まで自由に参加して頂けます。

開催日:8月30日(土)、31日(日)
主催:『かのごしまメイキング』
講師:村久木孝志先生
プロフィール:萩焼きの13代兼田三左衛門氏に師事。
平成に入り九谷焼の道へ。松本佐一氏と人間国宝の徳田八十吉氏に師事して、5年前に独立。
石川県に「むら工房」を開く。現在は鹿児島県串良町柳谷にて陶芸工房を開き活動中。


時間割:各回2時間制 
1回目 10:00〜12:00
2回目 13:00〜15:00
3回目 15:00〜17:00

内容:陶器のボタン作り(10個まで)1回1000円、器作り1回3000円
※ボタンはヘアゴム、箸置き、帯留めなどにできてかわいいです!

会場:福岡市中央区大名1-14-28 第1松村ビル「紺屋 2023」#306
    「アート・ベース88」
※地図(Google)

予約、お問い合わせ先:tkstk367@ybb.ne.jp(弓削、倉光)

特典:チラシ持参またはmixiを見てのご参加は100円引き☆

受け渡し:できた器とボタンは『やねだん』で焼いて10月にお渡しする予定です。

*『やねだん』
鹿児島県鹿屋市串良町柳谷(通称やねだん)。
高齢化の進む300人あまりの集落にて、「行政に頼らないむらおこし」を実践している。
住民総出で遊休農地にサツマイモを植え、収益で肥飼料の「土着菌」製造に着手。
さらに地上作物を減量に芋焼酎や調味料などを開発・販売し、自主財源を確保。
得た財源で、高齢者世帯の緊急警報装置導入や、学校の授業を補う「寺子屋」、公園や歴史資料館建設などを行う。集落の空き家は画廊や宿泊施設に改装し全国から芸術家を招いている。
5人が常時創作に励み、催しに大勢の客が訪れている。集落は「自治の成功例」として年間3000人の視察を受けるまでになった。
柳谷(やねだん)HP:http://www.yanedan.com/index.html
[PR]
by mcp_fukuoka | 2008-08-17 12:11 | 紺屋2023への道

やっぱりCAI GUOQIANGだったらしい@北京五輪開会式

GIZMODEの記事に彼の名があります。
ただ、翻訳したひとは、これをアーティストネームだとは思っていないようですね。

「北京オリンピック開会式の基礎技術をチラッとのぞいてみました」
http://www.gizmodo.jp/2008/08/post_4157.html
[PR]
by mcp_fukuoka | 2008-08-15 16:13 | art info/repo